研修旅行


銀鈴会 秋季研修・親睦旅行「美肌の湯と紅葉めぐりの旅」

声友クラブ 小島啓三



 

 

 期  日 平成28年10月23日(日)~24日(月)
 宿  泊 磐梯熱海温泉「かんぽの宿・郡山」


 旅行団長 銀鈴会会長 松山正則
 実行委員 声友クラブ運営委員長 田島義則
 参 加 者    40名(男性32名・女性8名)
      銀鈴会役員・指導員9名、上級2名、
      ELクラブ3名、声友クラブ26名

 

 

      ※クリックすると画像が大きくなります。

 

年に一度の公益社団法人・銀鈴会の秋季研修親睦旅行会が開催された。


定刻少し前の9時20分に全員が揃い、田町の東京都障害者福祉会館前を出発した。バスは芝公園より首都高に入り5号線を経由して浦和より東北道に入る。まず始めに、くれぐれも単独行動は取らぬように、など各種注意事項の説明があった。


10時30分、車中カラオケ開始。酒も届いたし、昔の歌を上手に歌おう‼ 途中トイレ休憩をしながら昼食場所に到着したが、先客がいるので時間を調整してほしいと言われ、近くの道の駅で30分ほど小休止。お菓子の城那須ハートランドで昼食を済ませ、10人ほどで那須高原の花と川の流れる森を30分くらい散策した。
14時45分、ハートランドを出発。


15時50分、郡山ICを出る。今日の宿「かんぽの宿・郡山」に到着。裏庭に赤や黄色に染まった木々がある。磐梯熱海温泉は郡山と猪苗代湖を結ぶ磐越西線と国道49号線に沿って発展した温泉街。紅葉のシーズンは特に素晴らしい。かつて後醍醐天皇の重臣の一人娘の萩姫が、京からはるばるこの地を訪れ、病を治したと伝えられるほどで、火傷や外傷、皮膚病など、肌に良い温泉で約800年の歴史を誇る、美肌を作る、つるつる・ぬるぬる・とろとろ感の名湯として知られている。
18時、宴会開始、食後のカラオケ、更にカラオケボックスで22時まで大いに歌った。


翌朝、6時に起きて朝風呂に入り、1階のレストランにて朝食バイキング。
8時30分、玄関前にて記念撮影の後、2日目のスタート。メインは小名浜港2号埠頭に建つガラス張りの「環境水族館・アクアマリンふくしま」、海辺の生物たちが暮らすだけでなく、環境・生命に関する展示が盛り沢山、海の魅力を満喫した。
13時40分~14時、1階は土産物売り場の漁師の店の2階で昼食。
14時45分、日立中央SAを出発。途中、八潮PAで6人が下車して帰宅。私も武蔵野線で帰宅できるがバスの最終到着地まで乗って行くことに。


17時、無事、東京都障害者福祉会館に到着。
紅葉めぐりには時期が早かったようだったが2日間晴天に恵まれた良い旅だった。来年またお会いしましょう。

 

 


銀鈴会 秋季研修・親睦旅行「秋の伊豆路をバスの旅」

声友クラブ 小島 啓三


富士山を望む
富士山を望む
熱川ハイツ
熱川ハイツ

銀鈴会 秋季研修・親睦旅行 伊豆


 期日   平成27年10月25日(日)~26日(月)
 宿泊   伊豆熱川温泉「熱川ハイツ」


 旅行団長 会長 松山 雅則
 実行委員 声友クラブ運営委員長 田島 義則
 参加者  40名(男性38名.女性2名)
       役員・指導員8名、初心~上級3名、

       ELクラブ3名、声友クラブ26名

 

 

 

年に一度の公益社団法人・銀鈴会の秋季研修親睦旅行会が開催された。


定刻少し前の9時20分に田町の東京都障害者会館を出発した。

昨夜冬将軍の到来を告げる木枯らし一番が吹き荒れたが、温暖の地伊豆半島への旅なので、今日は快適なバスの旅になるに違いない。バスは芝公園より首都高3号線に入り、東名高速道路の海老名SAに向かった。東名道に入るや否や雪を被った雄大な富士山が姿を現し、それを肴にビールと日本酒とカラオケで盛り上がる。

途中、時間調整の為足柄SAで小休止し、沼津ICを出て昼食場所の「伊豆フルーツパーク」に11時50分に到着した。

昼食後、店内の土産品を物色し三島大社に向け出発する。好天の日曜日とあって、七五三で着飾った親子連れが多かった。


伊豆中央道から修善寺道路を経由して「淨蓮の滝」に14時20分着。伊豆の踊り子像に別れを告げて3段ループ橋を渡り、時季外れの河津桜堤を快走した。今井浜海岸より東伊豆街道を北上し、今夜の宿「熱川ハイツ」には15時55分に到着した。


心温まるぬくもりの温泉「ふれあいの湯」に入り一日の旅の疲れを癒す。遠く伊豆七島を望む自然、天気の良い日には近くに見える伊豆大島の御神火の三原山は世界三大流動性火山の一つだそうだ。

18時より宴会開始、みなさんよく飲み、よく食べ、元気に歌う様子は銀鈴会のパワーそのものである。

20時で閉会し、カラオケも貸し切りホールで延長戦となる。


翌日、6時に起床し、朝風呂に入る。

朝食後、出発の前に玄関前にて記念撮影を済ませ、8時40分に出発した。

城ヶ崎海岸を右側の車窓より望見する。天城高原より入り、大室公園・伊豆スカイラインを通り、中伊豆ワイナリーでワインの出来るまでの工程の説明を聞く。


12時40分、昼食を「みんなのハワイアンズ」で食べて、沼津のひものセンターに立ち寄り最後のお土産休憩をする。

沼津ICより東名道に入り海老名SAで最後の小休止し、渋滞もなく15時30分、田町に無事に到着した。


今回の旅行を企画して頂きました関係者の皆さんのご苦労に感謝しますと同時に、参加された皆様のご協力に御礼申し上げます。

 

 

 


銀鈴会 秋季研修・親睦旅行 「開湯1200年の名湯 塩原温泉」 

声友クラブ 小島 啓三


年に一度の公益社団法人・銀鈴会の秋季研修親睦旅行会が、栃木県の那須塩原温泉の「簡保の宿」で開催された。平成26年10月26日~27日、首都高速・東北道経由で秋の色彩豊かなもみじ狩りを楽しんだ。

      
旅で求めるものは人それぞれだが、豊かな自然との出会いは、旅の大きな目的の一つ。自然の中で木々をわたる爽やかな風、せせらぎの音、そこで出会う動植物たち…。 自然にふれあう旅には、その醍醐味が凝縮されていると言えるかもしれない。 

        
旅行団団長として松山雅則銀鈴会会長が初めて参加され、副団長に太田時夫専務理事、実行委員長は声友クラブの田島義則委員長で、総勢34名が参加して9時13分一路目的地に向かった。

 

今回の天候は昨年と違って、晴れの予報なので、コースの変更も無く快適な旅になりそうだ。車中では早くも恒例のカラオケがスタートする。10時40分 羽生SAで小休止。11時30分昼食場所である足利フラワーパークに到着。13時まで昼食休憩となった。5月の藤祭りの時は近所の田圃が駐車場に変わる程の盛況だが、季節はずれなのか閑散としている。昼食を済ませ、庭園を散策する。色とりどりの美しさでいっぱいの花盛りであった。

        
13時出発、14時上河内SAで小休止。日光連山は霧に霞んで見えない。西那須野ICで一般道に出て今日のメインのもみじ谷大つり橋を散策する。もみじ谷付近は大分色づいている。  

      
15時30分、宿泊地簡保の宿に向かって出発し、16時、1日目の行程を無事終了した。塩原温泉は箒川の渓谷沿いに連なる温泉地、美しい自然が鮮やかに染まる塩原渓谷の秋模様を車中から眺めながらの旅であった。 到着後、早速に風呂に入る。宴会は2階の中広間で18時から20時で終了し、カラオケは20時から22時まで、ルーム貸切で開催された。


翌朝、朝風呂に入り、朝食は1階のバイキング形式のレストランで済ませ、8時30分、玄関に集合し2日目の行程に出発した。日塩もみじラインを走ると左手には鶏頂山を見上げ、右手には五十里湖が遠くに見える。いつの間にか、我がバスの後ろにたくさんの車が続いている。曲がりくねった道は追い越し禁止なので自然の成り行きだ。


9時50分竜王峡に到着。1時間ほど散策し、11時に出発する。竜王峡はいつ見ても美しい景観で、雄大な渓谷が素晴らしい。トンネルを抜けると鬼怒川温泉郷である。 今市市の日光水車蔵で昼食をとり、土産品を物色する。


12時20分出発。日光宇都宮道の今市ICより高速に入り宇都宮ICで餃子会館に立ち寄り、宇都宮餃子を仕入れる。


13時10分出発。途中渋滞する事も無く、新装成った羽生の「鬼平犯科帳」の世界を表現したPAで小休止して14時10分出発。混雑も無く順調に一路、田町へバスは走った。役員の皆様2日間ご苦労様でした。来年も宜しくお願い致します。