シャントクラス


2020年度 後期ご挨拶

 小林 範子

年春先よりコロナ感染症が猛威を振るいだし十分な講習も出来ず休講を余儀なくされ、第二の声を熱望していました会員様には申し訳なく思っております。                  
未だコロナ禍収束の方向が見えぬ中、指導員さん会員さん一丸となって安全対策の強化と指導の進め方などについて模索を続けながら発声練習に励んでおります。                                                
高齢化も進んでおりますが、声を取り戻すたびに皆さん若返り、生き生きとして来場されることが何よりの楽しみです。      

                    
これから喉頭摘出される方、シャント発声を希望される方、是非見学し、安心してから手術に臨まれること願っております。