シャントクラス


平成30年の授業を迎えて

  小林範子先生                


 

新しい年を迎える事が出来、嬉しく思います。皆さんお元気ですか?                     
銀鈴会特別講師として多くの会員さん達と発声訓練を通じ職場復帰のお手伝いをしてきました。              
昨年は日本喉摘者団体連合会(以下日喉連)東日本ブロックで 第一回のシャント発声者交流会が開催されとても喜ばしい事で

あり、又シャント発声に関して練習教材の整備、発声上達の尺度を決める事など多くの課題が確認され、また松山会長より3

つの提案がなされました。                                                                   
①食道発声、EL発声、シャント発声について良し悪しの判断はしないで欲しい。                     
②どの発声法を選択するかは本人であり、我々はその為の最大限の情報提供を行いたい。                                    
③発声教室では、発声練習だけに拘ることなく、2~3ヶ月に1回程度は会員相互の親睦を深める場を加えるなどで楽しい教室

作りを実現して行きたい。                              
            
これらを前進させる為、終わりなき道を皆さんと一緒に歩んで行きたいと考えております。