シャントクラス


2021年度 新年を迎えて

 小林範子

新しい年を迎える事が出来嬉しく想いますが、新型コロナウイルスが収まることなく、少し憂鬱な新しい年の始まりになってしまったことは残念で致し方なく想っております。                                  
無喉頭の病は時が経つと恢復すると言う病ではなく、自らの意志と努力によってのみ代用音声により声を取り戻すものであります。                                     
シャント教室は皆さま方の日常をほんのわずかだけでもお手伝いすることが出来ればと、日々活動しております。                 
これから手術を受ける方、手術を終わってこれからどうしようかと迷っている方、遠慮なくお越しください。                    
そして自ら確認してください。

出来れば共に美しい日本語での会話を実現しよう』に参画することお待ち申しあげます。