シャントクラス


平成29年の授業を迎えて

  小林範子先生                


平成29年3月2日(木)
平成29年3月2日(木)

★ご挨拶        
言語聴覚士として何度、この春を迎えてきた事でしょうか!! 


そして多くの会員さんが職場に復帰され、その活躍ぶりを拝見する機会があり、時々会話をすることもあります。
とても上手に、「大きな口をあけ、ゆっくり・はっきり」を実践しての会話する姿は頼もしく、嬉しく思っております。   

 
シャントクラスの目標は『美しい日本語で会話しよう』です。簡単な様ですが、日々積み上げて来た人のみに与えられます。これからも終りなき道、前進あるのみです。そして一人でも多くの方が社会復帰される事を望んでおります。  

        
★姿勢を正しくゆっくり話そう!!      
あまり言う人はありませんが、発声練習にあたりもっとも重要な事です。殆どの人が前かがみになっています。     
まず背筋伸ばして下さい。力を入れる必要はありません。大きく胸を張る必要もありません。横隔膜を動き易くします。シャントは肺の空気を活用しますので、ゆっくり満タンにしたら、大きな口を開け、ゆっくり・はっきり発声して下さい。
声に張りが戻り、若く聞えます。