2019年度事業計画


2019年度の事業計画は次の通りです。

 

1. 会員は、正会員:840名、賛助会員を含め 1,000名を予定しています。

 

2. 事業関係は
    (1) 総 会(定時)     2019年6月15日    1回
    (2) 理事会(理事、監事)                6回
    (3) 研修会(指導員研修)                  8回
    (4) 勉強会(指導員8回、新指導員10回)                18回
              を予定

 

3. 発声教室(食道発声、EL発声、シャント発声)は、下記の通り予定しています。
          (1) 発声教室                             
          開催日数(年間予定)                103回
          出席会員数 (延べ)             14,800名
          出席指導員数(延べ)                      2,900名
    (2) 昇格試験 - 年間5回、発声力の試験を行います。
         
4. 行事として、
     (1)6月15日(土) 午前、定期総会を東京都障害者福祉会会館において開催します。
       (2)  6月15日(土) 午後、声の祭典(スピーチ大会)を東京都障害者福祉会館において開催します。
     (3) 2020年2月15日(土) にスピーチ発表会と、家族を交えての座談会を東京都障害者福祉会館で実施しま

        す。
     (4) 代替音声巡回指導研修を実施します。
        今年度は開催地 3箇所(群馬、山形、愛知)
        指導員派遣 延べ9名を予定しています。

 

5. 賛助会員の募集
       法人、個人の賛助会員を募集し、本会の活動をさらに充実させる努力を続けます。


6. 教材の出版、会員募集パンフレット頒布、PR用DVDの配布
       喉摘者発声の研究、指導のためのテキスト・DVDの出版、入会のためのパンフレット頒布、及びPR用DVDの配布を

       行います。

 

7.機関誌の発行
  会員の啓発、親睦および広報活動のため機関誌「銀鈴」66号、及び「ぎんれいだより」を年2回(4月と9月)に発行

      します。

 

8.国連および同種団体との連携活動
      国内外の同種団体との合同研究会の開催に努めます。
      また国連経済社会理事会からの協議に積極的に応じます。
      アジア連盟関係では、JICA草の根支援によるベトナム、ホーチミンでの研修会への指導員の派遣準備を開始予定で

      す。

 

9.東京都障害者福祉会館との運営協力
      会館利用者用複写機および印刷機を設置提供し、円滑な運営に協力します。

 

10.その他
  (1) カラオケ教室の運営 ― 通常教室月2回の他に上級クラス授業前、月2回自由カラオケ教室を開催します。
  (2) 本会の目的達成するために日喉連及び他の障害者団体と連携し、広報活動等の事業を行います。


11.参考事項 日喉連関係

     (1)定期年次総会(第20回)2019年5月17日
       於:東京都障害者福祉会館

   (2)理事会
       第1回 2019年5月17日 総会に先立ち
                 於:東京都障害者福祉会館
       第2回 2020年2月21日
            於:東京都障害者福祉会館

   (3)喉頭摘出者発声訓練士
       資格取得認定事務局委員会 : 6回

   (4)各ブロック研修状況
       ① 北日本ブロック
          2019年10月18日~20日  (仙台市)宮城県障害者福祉センター
       ② 東日本ブロック
         2019年 9月24日~26日   (長野市)ホテルメルパルク
      ③ 中部日本ブロック
        2019年 9月10日~12日   (金沢市)ホテル金沢
      ④ 近畿ブロック
        2019年10月15日~17日   (神戸市)兵庫県民会館
        ⑤ 中・四国ブロック
        2019年10月21日~22日  (広島市)広島市文化交流会館
       ⑥ 九州ブロック
           2019年 9月11日~13日     (北九州市)TKP小倉駅カンファレンスセンター